スパーマーケットの提携カードを作る時は還元率よりも日々の割引を重視しよう

スーパーマーケットでクレジットカード払いを利用するのはおかしい、お店に迷惑だ、貧乏人みたいで情けないなどと思っている人がいるみたいですが、まったくおかしいことではありません。

クレジットカードについて理解していない他のお客さんの目など気にする必要はありませんし、もしお店側が迷惑と考えているのならばカード会社と契約を結んだりはしないでしょう。

お客さんの利便性よりもカード決済手数料を節約して利益を確保すること選んでいるお店も実際にありますので、、カード払いに対応しているお店では堂々と利用すれば良いのです。

コンビニやスーパーでの少額決済でクレジットカードを利用するのは店員さんや他の客に迷惑なのか?
日常的に利用しているコンビニエンスストアやスーパーマーケットでクレジットカードを利用するのは、店員さんやレジに並んでいる他のお客さんにとって迷惑なのでしょうか? 会計金額がが1万円を超えるくらいのまとめ買いをした場合は許されて、ジュー




お得な提携カード

スーパーマーケットでクレジットカードを利用するなら、普段から使っているメインカードではなく、スーパーマーケットが発行している提携カードを使ってみましょう。

かなりお得に買いものができ、節約効果がかなり高くなります。

複数のクレジットカードを利用するとポイントが分散されてしまうので、還元率が高くてもあまりお得にならないと思うかもしれませんが、提携カードがチカラを発揮するのはポイント還元では無く、日々の買い物での割引サービスです。

・カード決済で毎日1~3%OFF
・毎月2~3回あるお客様感謝デーで5%OFF

いつ貯まって使えるようになるかわからないポイントよりも、目の前の割引の方が大切です。

しかもポイントの還元率よりも割引率の方が大きいので、お客様感謝デーにシャンプーなどの日用品や、賞味期限を気にしなくても良いインスタント食品を買いだめすることで家計の節約になります。

また、会計の時に必ず聞かれる「会員カードはお持ちですか?」「ポイントカードはお持ちですか?」という質問も、提携カードを出して「クレジット払いでお願いします。」と言えば済むのも便利です。

スポンサーリンク

提携カードの例

大手スーパーマーケットが発行している提携カードの優待にどのような物があるのか紹介します。
(この記事は2018年3月に更新しました)

これを見ればポイント還元よりも割引の方が大切ということがわかると思います。

ウォルマートカード

西友の親会社であるウォルマートが発行するカードで、西友・リヴィン・サニー・SEIYUドットコムで利用すると毎日3%OFFになります。

さらに毎月5日・20日は西友・リヴィン・サニーの利用では5%OFFと割引率が高くなります。

西友・リヴィン・サニー・SEIYUドットコムでの利用ではポイント還元を受けられないのですが、それ以上の割引があるお得なカードです。

イオンカード

イオンで利用しても還元率が0.5%と低く(毎月10日だけ還元率1%)、ポイントを貯めるには適さないカードなのですが、毎月20日と30日は全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗での利用で5%割引となります。

OMCカード

通常の利用では還元率が0.5%ですが、セブンイレブン、イトーヨーカドー、イオン、ダイエーなど幅広い提携店舗で3倍の1.5%還元となります。

さらにマルエツでは毎週日曜日にご優待デートして5%OFFとなります。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスはセブン&アイホールディングスが発行カードで、通常の利用ではnanacoポイントの還元率は0.5%ですが、セブンイレブン、デニーズ、イトーヨーカドーと言ったグループ内での利用では1.5%と高還元になります。

また、毎月8日、18日、28日のハッピーデーは食料品、衣料品、日用品のほとんどの品が5%引きになります。

注意が必要な電鉄系カード

スーパーマーケット提携カードの中でも注意が必要なのが電鉄系のクレジットカードで、東急カードなら東急ストアで、東武カードならば東武ストアでといった感じで優待は受けられるのですが、電鉄系スーパーは大手のスーパーよりも割高の場合が多いので、PASMOと一体型で便利だからという理由で持ってしまうと損をしてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

何枚まで持つ?

お得な優待が受けられるからと言って無限にクレジットカードを持つのは良くありません。

プロパーカードをメインカードとし、サブカードに他の決済ブランドの電鉄系のカード(車通勤の人はドライバーズカード)と頻繁に利用する施設(通販サイト)のカードの2枚を持って、合計3枚にするのが管理もしやすく、お得なサービスを受けられるのではないでしょうか?

高島屋や伊勢丹と言った百貨店、マルイやルミネと言ったファッションビル、トイザらスや無印良品などの専門店が発行するカードにも魅力的なサービス・優待があるのですが、マニア的に利用する人以外は使用頻度が低くなってしまいますので、管理コストの方が上回ってしまうのでは無いでしょうか。

どこで利用してもポイントが高還元されるオールマイティなカードがあれば良いのですが、今はそれが存在しないので、個人のライフスタイルに合ったカード選びをするしかありません。

※追記
どこで利用してもマイル還元率が2%(マイルの価値は2~4円くらいになるので、実質還元率は4~8%!)と言うANAダイナースプレミアムと言う万能カードがあるのですが、年会費が155,000円(税抜)と超高額ですし、インビテーション制なので誰もが持つことはできません。

クレジットカードは何枚持つべき?複数枚持っている人の目的は何?
世間にはクレジットカードを1枚も持っていない人もいれば、10枚以上持っている人もいます。 1枚も持たないのはキャッシュレス化がどんどん進行している現代では将来的なリスクになるでしょうが、複数枚持つのも管理や年会費の面などでマイナスにな
スポンサーリンク

お得情報


JCB一般カードとJCBゴールドカードの発行スピードは驚きの速さ!最短、申込をした翌日には自宅に届けられるので、とにかく急いでカードが欲しい方に最適です。

※平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください。

楽天カード
年会費無料の楽天カード申込+利用で、もれなく全員に5,000円分の楽天ポイントが当たる!8年連続顧客満足度1位のカードという安心感も。


コメント