ゴールドカードやプラチナカードを持ってる人って年会費の元は取れてるの?見栄が張れるだけ?

日本人の20代から60代の男女の内、クレジットカードを保有している人の割合は85.1%で、その中の12.7%の人はゴールドカード以上のステイタスがあるカードを保有しています。

つまり、10人に1人がゴールドカード以上を保有していることになります。

プラチナカードやブラックカードを保有している人の割合は1.4%しかいません
「どんなステイタスのカードを保有し、利用しているか?」という調査を2011年8月に楽天リサーチが行っていたので紹介します。 ちょっと古いデータですが、この4年間でそこまで劇的にクレジットカード市場の状況は変化していないので参考にする事

 
まともなゴールドカードやプラチナカードは年会費が1万円以上するものばかりなので、それを保有していない人(保有できない人)からよく「年会費の元は取れてるの?」と言われたりしますが、実際はどうなのでしょうか?

ステイタスカードは見栄を張るれるだけで、実益は無いものなのでしょうか?




海外旅行

ステイタスカードの保有メリットで1番大きいのは海外旅行時でしょう。

ステイタスカードには無料でプライオリティパスが付帯するものも多く、これがあればクレジットカードラウンジだけでなく、航空会社ラウンジ(ビジネスクラスに乗る人向けのラウンジ)も利用できるので、無料でアルコールが飲めたり、シャワーが利用できたりします。

ラウンジ1回の利用料金は1回2,000円~3,000円なので、年間2~3回海外旅行に行けば年会費1万円の元は取れることになります。

「海外旅行に良く行くけど、ラウンジは使えなくても問題ない」と思う人も多いでしょうが、空港でカフェを利用したりしても結構な値段がしますので、ラウンジに入ってしまった方がお得な場合も多いです。

プライオリティパスのプレステージ会員に最安値でなる方法は楽天プレミアムカードの取得です。
旅行や出張で海外に行く時にあると便利なのがプライオリティパスです。 世界中の空港でビジネスクラスやファーストクラスのお客さんしか利用できないラウンジをエコノミークラスでも出来る様になるのです。 ラウンジには無料の軽食やアルコール

また、海外旅行保険も充実しており、渡航前に保険に加入する必要がなくなるので(1日300円~400円くらい、1週間の旅行ならなら2,500円くらい掛かります)、1回の海外旅行でラウンジと合わせれば5,000円以上も節約できていることになります。

特別待遇

海外旅行関係以外にもステイタスカードを持つことで受けられる特別待遇はいろいろあります。

百貨店のゴールドカードを持っていればラウンジが利用できる&駐車場代が無料になったり、鉄道系のゴールドカードを持っていれば駅のラウンジが利用できる&グリーン車に乗れたり。

僕はディズニーランドにあるクラブ33という秘密のレストラン(ディズニーランドで唯一お酒が飲める場所)に行きたかったので、JCBザ・クラスの取得に向けてクレヒスをJCBで積み続けました。

クラブ33で食事できるかどうかは抽選になってしまいましたが、これに応募する権利だけでもディズニー好きな人には年会費くらいの価値はあるのではないでしょうか?

JCBゴールドの発券から丸3年!個人事業主の僕のもとにJCBザ・クラスのインビテーションが遂に届きました!
個人事業主の僕のもとにJCBザ・クラスのインビテーションが届きました。 このレベルのステイタスカードを最終的に保持したいとずっと思っていて、アメックス・プラチナやダイナースプレミアムに比べて年会費の負担が手頃、メンバーズセ

ポイント還元率

ステイタスが上がるとポイント還元率も上がる場合が多く、決済額が大きい人ならば年会費がペイできたりします。

例えば一般カードの還元率が0.5%、年会費1万円のゴールドカードの還元率が1.0%の場合、年間200万円以上決済する人ならゴールドカードを持った方が得になります。

さらに海外旅行に行く人なら、還元されたポイントをマイルに変えるでしょうから、多少年会費を払っても還元率に拘った方が得をする場合が多いです。

クレジットカードの利用で貯めたポイントはマイルに交換するのが一番お得です
クレジットカードを選ぶ時にポイント還元率を気にする人は多いと思います。 しかしどんなに情報を集めても0.1%~0.5%程度の差がつくだけでしょう。 それよりもポイントの使い道をしっかり比較した方が得する事ができたりします。

与信枠が必要

一般カードで与えられる与信枠(限度額)は100万円までのものが多く、100万円以上を必要とした場合はゴールドカード、200万円以上を必要とした場合はプラチナカードを持たないといけません。

これは毎月凄いお金を使う富豪だけではなく、支払いが重なってしまった時に与信枠が低いと困る可能性がある自営業の人も気にしないといけません。

年会費の元を取るとかとは関係ない世界もあります。

見えない保有メリット

与信枠のこともですが、年会費の元を取るとかとは別のメリットもステイタスカードにはたくさんあります。

その代表格は不正利用などがあった場合の対応の丁寧さ、補償の幅の広さではないでしょうか?

普段使うカードこそステイタスの高いゴールカードにすべきです
スーパーやコンビニなど普段の生活の中のちょっとした支払いにゴールドカードなどのステイタスの高いカードを使用するのは気が引ける、恥ずかしいと感じる人もいるそうです。 デートなどで高いお店に行った時はゴールドカードで決済するけど、スーパー

「普段は実感できないけどトラブル時は役に立つ」というのがステイタスカードの1番の保有メリットだと思います。

まとめ

ゴールドカード以上のステイタスカードを無理に持つ必要はありませんが、もし年会費よりも保有メリットが上回るようなライフスタイルを送っているのならば絶対に保有すべきです。

高齢者に多いのですが、年に何回も海外旅行に行っているのにステイタスカードを持たず、毎回保険に加入している人をたくさん見かけます。

不必要な出費をしていたら勿体ないので、保有しているクレジットカードを定期的に見直すのも良いでしょう。
 

今後キャッシュレス化が一気に進んでいくことは明確なので、日常的にクレジットカードを利用する層は広がるでしょう。

そうなるとステイタスの高いクレジットカードが欲しくなると思うのですが、今までほとんど利用してこなかった人だと、ゴールドカードは持ててもプラチナカード以上は持てないでしょう。

クレヒスを早い段階から積むのおススメします。

お得情報


JCBカードの発行スピードが驚きの速さ!最短、申込をした翌日には自宅に届けられるので、とにかく急いでカードが欲しい方に最適です。

※平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください。

楽天カード
年会費無料の楽天カード申込+利用で、もれなく全員に5,000円分の楽天ポイントが当たる!8年連続顧客満足度1位のカードという安心感も。


コメント