ローソン銀行が発行するクレジットカード「ローソンpontaプラス」が消費税増税時に6%の還元を行うみたいですが本当にお得なのでしょうか?

コンビニエンスストア大手のローソンは、傘下のローソン銀行が発行するクレジットカード「ローソンpontaプラス」をローソンで利用した場合、消費税の上がる今年の10月1日から一定の期間はpontaポイントを4%還元すると発表しました。

ローソンpontaプラスは月額利用に応じてポイント還元率が変わり、今までも月に8万円以上利用すると還元率は4%だったのですが、期間限定ですべての利用者がその対象になります。

日本政府がキャッシュレス決済時に還元する2%と合わせると還元率が6%になるので、クレジットカードとしては異例の高還元となります。




ローソンpontaプラスを分析する

6%還元が行われるのは一定期間となりますので、4%還元がお得かどうかで保有を検討します。

クレジットカードを期間限定のキャンペーンの為だけに保有するのは与信のことを考えると得策ではありません。

本当にお得なのか?

4%還元を受けるには通常月額8万円以上利用する必要があり、これはローソン以外での利用でも良いのですが、その際は還元率0.25%となってしまいますので、ローソンでの還元率を上げる為だけに他の加盟店で利用するのは本末転倒になってしまいます。

自宅や職場の近くにあるコンビニがローソンで、ローソンを1番頻繁に利用するとしても月額4万円以上は利用しないと思います。
(ローソンpontaプラスは月額4万円以下の人は還元率2%)

もしローソンで4万円以上利用していたら家計簿などをつけて支出を見直す必要があるでしょう。

ローソンpontaプラスはポイント還元率2%、つまりJALマイル還元率1%のローソン専用クレジットカードと考えるのが適当です。

JMBローソンPontaカードVisaの方が良い

JMBローソンPontaカードVisaをローソンで利用すると200円ごとに4pontaポイント+1JALマイルが貯まるので、マイル還元率は1.5%になります。

すでにJALカードを保有していても2枚持ちできますので、ローソンpontaプラスよりもこちらを作った方が良いでしょう。

⇒JMBローソンPontaカードVisaについてより詳しく知りたい方はコチラへ

dカードの方がお得じゃないの?

ローソンでの支払いの場合、会計の3%off+2%ポイント還元のdカードの方がお得になります。

ただしどうしてもマイルを貯めたい人の場合はJMBローソンPontaカードVisaでも大きな損にはなりません。

私みたいにマイルは国際線のビジネスクラスで消費する人でしたら、1JALマイルの価値は4円くらいになるので、dカードの還元率が7%、JMBローソンPontaカードVisaの還元率が6%となり、あまり差はつかなくなります。

マイルが早く貯まる分だけJMBローソンPontaカードVisaの方がメリットを感じる人もいるのではないでしょうか?

paypayの100億円あげちゃうキャンペーンみたいな常識を逸した還元率のものがあるならばそれを優先した方が良いと思いますが、そうでないならばキャッシュレス決済は多少還元率が悪くてもマイルに交換できるクレジットカードを利用するのが良いと私は思っています。

絶対に海外旅行に行かないと言う人は別ですが、キャッシュバックよりもポイント還元の方が圧倒的にお得になる場合が多いです。

お得情報


JCBカードの発行スピードが驚きの速さ!最短、申込をした翌日には自宅に届けられるので、とにかく急いでカードが欲しい方に最適です。

※平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください。

楽天カード
年会費無料の楽天カード申込+利用で、もれなく全員に5,000円分の楽天ポイントが当たる!8年連続顧客満足度1位のカードという安心感も。


コメント