ビュー・スイカカードのパンフレットを見て保有メリットについて考えてみた

ビュー・スイカカードはJR東日本が発行するクレジットのカードの中で一番ベーシックな物です。
ステイタスの高いカードビューゴールドプラスカードアトレビューSuicaカードと言った提携カードも用意されています。

IMG_5126

IMG_5252

ビュー・スイカカードのパンフレットはJR東日本の駅構内に置いてありました。
※このパンフレットは2016年7月に入手しました。

[adsense]

利便性

・定期券、suica、クレジットカードを1枚にまとめられる
・JR改札でのオートチャージ
・ビューサンクスポイントが貯まる

ビュー・スイカカードの主な保有メリットは以上の3つです。
定期券の購入やSuicaへのチャージでビューサンクスポイントが貯まりますので、JR東日本をメインの交通機関として利用している人にはお得なカードだと思います。

ポイント還元率

IMG_5253
通常のショッピングにおける還元率は0.5%とあまり還元率の良いカードではないのですが、JR駅構内のみどりの窓口やオートチャージでは還元率が1.5%となり、かなりポイントの貯まりやすいカードとなります。

貯まったビューサンクスポイントはそのままSuicaにチャージする事ができるので使い勝手はかなり良いです。
どんなに還元率が良くても特定の店舗しか使えないポイントやそれほど欲しくない商品との交換では意味ないですからね。

Suicaポイント

IMG_5255
スイカ・ビューカードはSuicaポイントクラブの会員にもなれます。
Suicaポイントは主に駅ナカのお店、NewdaysやKIOSKなどで」Suicaを利用した時に100円につき1ポイント貯まるので還元率は1%です。
オートチャージしたSuicaを駅構内のお店で利用すれば実質還元率は2.5%となるのでかなりお得です。
カード発行後したらSuicaポイントクラブに登録する事をおススメします。

※Suicaポイントクラブはスイカ・ビューカードを持っていないくても、Suicaを持っている人ならば登録できます。

ビューサンクスボーナス

IMG_5256
年間の利用額に対して貰えるビューサンクスポイントの事です。
一番還元率が良いのは150万円以上の利用で2100ポイント(5250円分)のボーナスポイントがもらえます。

もし150万円をみどりの窓口やオートチャージのみで使用したら27,750円分のポイントが貯まりますので、合計の還元率は1.85%となります。

年会費

IMG_5258
年会費は477円(税抜き)かかります。
定期券の購入やオートチャージで年間33,333円以上利用するのならば年会費をペイできる計算になります。

※パンフレットには記載がなかったのですが、利用明細をweb明細のみにすると年間600円分のビューサンクスポイントが貰えるので実質年会費無料と考える事はできます。

お得情報


JCB一般カードとJCBゴールドカードの発行スピードは驚きの速さ!最短、申込をした翌日には自宅に届けられるので、とにかく急いでカードが欲しい方に最適です。

※平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください。

楽天カード
年会費無料の楽天カード申込+利用で、もれなく全員に5,000円分の楽天ポイントが当たる!8年連続顧客満足度1位のカードという安心感も。


コメント