To Me Card Prime / To Me CARD GOLDのパンフレットを見て保有メリットについて考えてみた

To Me Card PrimeTo Me CARD GOLDの2枚のカードは1つのパンフレットにまとめられていました。
この2つのカードは東京メトロを利用する人にとってお得なクレジットカードで、発行しているのはJCBとNICOS(VISA MasterCard)の2社になります。

FullSizeRender(1)

FullSizeRender

IMG_5379
このパンフレットは東京メトロの駅構内に置いてありました。
※このパンフレットは2016年7月に入手しました。
※「J-1/16.4」と言う表記がパンフレットにありましたので2016年4月時点での情報が記載されていると考えられます。

[adsense]

2つのカードの違い

PrimeカードとGOLDカードの違いについて見ていきましょう。
To Me Cardは年会費無料の一般カードもあるのですが、一番の保有メリットである乗車によるメトロポイントの獲得率が低いのでおススメできません。

資格

Primeカードは18歳以上で安定収入のある人か学生なら申し込みが可能ですが、GOLDカードはJCBなら20歳以上、NICOSなら25歳以上で安定収入のある人しか申し込みはできません。
さらに独自の審査基準も設けられています。

年会費

Primeカードの年会費は2,000円(税別)で、GOLDカードは10,000円(税別)です。
※NICOSのPrimeカードは年間50万円以上の利用で次年度の年会費が無料になります。

Primeカードの家族カードの年会費はJCBとNICOSで異なり、JCBの場合は400円(税別)でNICOSは1,000円(税別)となります。
GOLDカードの場合はどちらも家族カードは年会費無料となります。
※JCBの場合は1人目まで無料、2人目から1,000円(税別)となります。

メトロポイント

IMG_5381
Pasumoを利用した時にメトロポイントが貯まるのですが、GOLDカードはPrimeカードの2倍のポイントが貯まります。

定期券以外の範囲で東京メトロに乗るだけでもらえる乗車ポイントは平日と土日祝で異なります。
平日の場合Primeカードの場合は10ポイントでGOLDカードの場合は20ポイント、土日祝の場合Primeカードの場合は20ポイントでGOLDカードの場合は40ポイントとなります。

メトロポイント10ポイントはPasumoに10円としてチャージできるものなのでかなりの高還元という事がわかると思います。
さらに東京メトロの初乗り料金は165円なので、短い距離をGOLDカードで利用すると還元率はなんと24%となります。

ポイントプログラム

メトロポイントの他にJCBカードやNICOSカードのポイントプログラムもあります。

・JCB
JCBの場合はOki Dokiポイントと言うポイントプログラムに参加する事になります。
1000円の利用につき1ポイント貯まり、1 Oki Dokiポイントは5メトロポイントに交換する事ができます。

・NNICOS
NICOSの場合はPrimeカードとGOLDカードでポイントプログラムが異なり、Primeカードがわいわいプレゼント、GOLDカードがNICOSゴールドポイントプログラムへの参加となります。
ただしこれらはメトロポイントに移行する事はできないので、To Me Cardを作るならJCBブランドが良いと思います。

まとめ

PrimeカードでもGOLDカードでもTo Me CARDに申し込むのならJCBが良いでしょう。
海外で利用するならVISAやMasterCardと言ったブランドが良いですが、主に東京メトロに乗るために作るカードですからJCBブランドで問題ありません。

PrimeカードにするかGOLDカードにするかですが、1回40ポイント獲得できるとしても年間250回乗らないといけないので、1回20ポイントとして100回で元が取れるPrimeカードの方が良いと思います。
チャージでのOKi Dokiポイントの還元率もPrimeカードとGOLDカードで変わらないですからね。

お得情報


JCB一般カードとJCBゴールドカードの発行スピードは驚きの速さ!最短、申込をした翌日には自宅に届けられるので、とにかく急いでカードが欲しい方に最適です。

※平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください。

楽天カード
年会費無料の楽天カード申込+利用で、もれなく全員に5,000円分の楽天ポイントが当たる!8年連続顧客満足度1位のカードという安心感も。


コメント