小売店との提携カードを作った人は、どれくらい他の店舗でも利用しているのでしょうか?

小売店の提携カードはその店舗で利用する時は大きな割引特典があったりするので持っていて損は無いです。
例えばウォルマートカードならば西友での買い物が毎日3%OFFになりますし、パルコカードならばパルコでの買い物が常に5%OFFになります。

ただしその店舗以外で利用するとお得度がかなり低くなってしまいます。
楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントがどこで利用してもポイント還元1%なのに対して、提携カードは提携店舗以外は還元率0.5%程度のあまりお得では無いカードになてしまいます。
そのため提携カードはサブカードとして頻繁に利用する店舗ののみ作り、メインカードは別に持った方が良いでしょう。

クレージットカードを何枚も持ちなくない、使い分けるなんて面倒と言う人もいると思います。
実際に提携カードを使っている人の利用状況を調べて見ました。

[adsense]

UCSカード

UCSカードはユニー(現在はユニーファミマホールディングス)の関連企業である株式会社UCSが発行するクレジットカードです。
アピタ、ピアゴなどで利用すると100円につき最大2.5円分のポイントが貯まったり、衣料品や食料品が5%割引になったりします。
グループ以外のお店で利用した場合はポイント還元率が0.5%になるので、還元率1%以上あるカードがある現状では実質損をしてしまいます。

株式会社UCSはジャスダックに上場する企業なので業績などを投資家向けに公表しているのですが、その中にカードの利用場所と言う物がありました。

%ef%bd%95%ef%bd%83%ef%bd%93%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89
https://www.ucscard.co.jp/company/com/news/pdf/NewsRelease160408.pdf

全取扱高の中でグループの内の利用は約35%になっています。

ネット通販、水道光熱費、スマホ代などクレジットカードを使う頻度が増えて来ている現代で、その利用が特定のグループ店にここまで偏る事は無いと思います。
ほとんど人がUCSカードをサブカードとして利用しているのがわかると思います。

クレジットカードに対するリテラシーの高い人はどんどん増えているように感じます。

提携カードはサブカード

割引されたりポイントが上乗せされて貯まったりと提携カードはお得に感じますが、メインカードとして使ってしまうとそのお得な特典以上に損してしまう事がほとんどです。
一番使うメインカードはできるだけどことも提携していないプロパーカードを持つと良いでしょう。
ステイタスを求めるならアメックス、ポイント還元を求めるなら楽天カードなどが良いと思います。

お得情報


JCB一般カードとJCBゴールドカードの発行スピードは驚きの速さ!最短、申込をした翌日には自宅に届けられるので、とにかく急いでカードが欲しい方に最適です。

※平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください。

楽天カード
年会費無料の楽天カード申込+利用で、もれなく全員に5,000円分の楽天ポイントが当たる!8年連続顧客満足度1位のカードという安心感も。


コメント