イオンカードのパンフレットを見て保有メリットについて考えてみた

イオンカードはイオンクレジットサービス会社が発行するクレジットカードです。
大手スーパーマーケットであるイオンを運営するイオングループのクレジットカードとなります。

fullsizerender

img_6063

※このパンフレットは2016年10月にまいばすけっとのレジの所にありました。
※パンフレット内に「記載の特典は2016年6月現在の特典です。」との表記がありました。

[adsense]

ポイントプログラム

img_6064
カードの利用で貯まるのはときめきポイントです。
通常200円の利用につき1ポイント貯まるのですが、イオングループの店舗での利用の場合は2ポイント貯まります。

img_6069
イオングループ以外にもときめきポイントが200円の利用につき2ポイント貯まる提携店があります。

img_6068
貯まったときめきポイントはカタログギフト、WAONポイント、Suicaなどへ交換できます。
電子マネーの場合は1000ポイント以上500ポイント単位で交換でき、1ポイント1円の交換価値となります。

つまりイオンカードの還元率は通常0.5%、イオングループや提携店で利用した場合は1%となります。

イオンでの利用特典

img_6065
毎月20日と30日はイオンでの買い物が5%OFFとなります。
イオンカードか電子マネーWAONの利用で適用となります。

img_6066
毎月10日はときめきポイントが2倍、つまり200円の利用につき4ポイント貯まります。
還元率2%となります。

イオンカードの保有メリットは?

イオングループのお店が近くにある、頻繁に使うと言う人でしたら多少は保有メリットがあると思います。

・還元率1%
・月に1日だけ還元率2%
・月に2日だけ5%OFF

イオングループのお店だけで利用するとしてもこれだけしかメリットがありません。

提携店で利用しても還元率が1%と言うのも少なく感じます。
例えば楽天カードはどこで利用しても1%還元なので、これ以上の還元率が欲しい所です。
しかもWAONよりEdyの方が利用できるお店多いですし…。

5%OFFになるのが2日だけと言うのも少ないです。
ウォルマートカードならば毎日3%OFFです。
これくらい特典があれば作らない方が勿体ない感じになるのですが…。

現状ではカードの枚数を増やしてまで持つ必要は無いように感じます。
年会費は無料なのでまだクレジットカードを持っていない、イオンは良く利用すると言う人には良いかもしれません。

▼web限定の入会キャンペーン実施中

お得情報


JCB一般カードとJCBゴールドカードの発行スピードは驚きの速さ!最短、申込をした翌日には自宅に届けられるので、とにかく急いでカードが欲しい方に最適です。

※平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください。

楽天カード
年会費無料の楽天カード申込+利用で、もれなく全員に5,000円分の楽天ポイントが当たる!8年連続顧客満足度1位のカードという安心感も。


コメント